本体を保護する効果もあるスマホケース

手帳型スマホケースのメリットやデメリット

近年では手帳型のスマホケースが主流となり、今やほとんどの人が手帳型のものを使っていますね。では、その手帳型のスマホケースのメリットやデメリットはどのようなものでしょうか?
メリットは、手帳型だとスマホの画面までカバー出来るため、スマホを地面に落としてしまったとしても、画面の衝撃が少なくて済みますし、画面を真っ暗にしなくてもカバーをかけるだけでのぞき見されません。そしてカードや定期券等をケースの内側のポケット入れられるため、いちいちカバンにしまわなくても良いため便利です。Androidの場合はワンセグやフルセグがついていますが、見る時にスマホスタンドにも変身するため、見やすいのでおすすめです。
デメリットは、写真や動画を撮るときにカバーが邪魔になったり、スマホへの装着がかたいものだとはめたり外したりがやりづらくなることもあります。そしてなんといっても手帳型はかさばるため、せっかく薄型のスマホを買っても無意味に終わることもあります。
ですので自分が求めているのは何かを考え、手帳型にするかそれ以外にするかを決めると良いと思います。
手帳型を買いたい場合は良いのですが、手帳型以外がほしい場合、最近はあまり種類が少ないため不便に感じることもあると思います。ですが取り寄せなども出来ることもあるため、諦めずに確認することも大切です。

スマホケースは必須

スマートフォンが主流になっている今、ケースも様々なデザインの物が流通しています。ケースに入れると元の色が見えなくなってしまう為、今ではスマホ本体のカラーよりもケースの色が重要という人もいます。
その中でも、手帳型のスマホケースが人気です。
最新型のスマートフォンでもそうですが、操作ボタンが全て液晶画面に収まっている機種が増えてきました。そこで問題となるのが液晶保護です。液晶が割れてしまうと、操作不能となり、大事なデータを取り出せなくなってしまいます。
保護シートを張るのも手ですが、やはり手帳型の方が全体を覆うので安心でしょう。サイズは一回り程、大きくなってしまいますが案外スマホは壊れやすいので、高い修理代を払うリスクも考えれば手帳型を選択した方が無難です。
逆にスマホカバーと違い、持ち運びがしにくいと言った点もあります。特に普段、ポケットに入れている人は不便を感じてしまう可能性が高いです。
また素材によりますが、手帳型は使用しているうちにカメラ部分がズレてしまい、写真が撮りにくくなってしまう事があります。しっかり本体がケースに嵌っている証拠なのですが、写真にケースの影が入ってしまうのは頂けません。
いずれもメリットデメリットがありますが、年々スマホ本体の値段が上がっている事もあり、故障時の負担も大きくなっています。その為、ケースでしっかり保護したいと思う人が増えてきているのかも知れません。

Copyright(C)2017 迷ったときは機能性に優れた手帳型スマホケースにすれば安心 All Rights Reserved.